「スポンサーリンク」

苦手な人へのプレゼントの渡し方。嫌いな相手へ贈り物をするシチュエーションをご紹介!

一般的にプレゼントは大切な方へ贈るものですが、時には「好きではない相手へのお返し」や「苦手な相手へプレゼント」をしなければならない状況が訪れてしまう場合があると思います。

そこで今回は、そんな苦手な親戚や、嫌いな上司(同僚)、先輩、好きではない相手への贈り物(お返し)を渡す際の方法をご紹介します。住所がバレたくない方なども必見です!

苦手な方へ贈り物を渡す方法

早速、苦手な相手へ贈り物を渡す方法をご紹介していきます。

相手との関係性を悪くしないためにもぜひ参考にしてください!

匿名配送を活用する

直接プレゼントを渡したくないけれど、住所がバレるのも嫌。

そういう時は「匿名配送サービス」の活用がおすすめです。

匿名配送サービスとは、お互いに住所や名前を知らなくても、LINEやSNSなど連絡先を知っているだけで贈ることができるサービスです。

住所バレしたくない方におすすめです!以下の記事に、匿名配送サービスをまとめていますので是非ご覧ください。

住所の知らない相手へプレゼントをする方法をご紹介!匿名でプレゼントを受け取りたい方必見!
住所がわからないお友達や知人、その他にも住所を公開していない芸能人や有名人、YouTuber・配信者、アイドルなど推しへのプレゼントを贈りたい場合は、匿名の配送サービスを活用がおすすめです!

ギフトECを活用する

苦手な相手に直接渡したくない。

住所もバレたくない。

プレゼントをわざわざ買いに行くのもめんどくさい。

そういう方は、ギフトEC(ギフトに特化した通販サイト)がおすすめです!

ギフトに特化されているため、わざわざ買いに行くことなく、ぴったりのプレゼントを購入し、相手の住所へ直送することができます

数多く存在するギフトECの中でも特におすすめなのは、若者に人気急上昇中のTANPです。

是非チェックしてみてください。

TANP 公式サイト

また、国内最大級のケーキ専門の通販サイトcake.jpでは、プレゼントだけではなくケーキも直接相手の住所へ贈ることが可能です!

cake.jp 公式サイト

配送(郵送)をする

住所や名前が既に知られている場合は、宅配や郵便などのサービスを活用してプレゼントを届けるのもおすすめです。

ただ手渡しをしない分、相手への配慮として一言メッセージカードやお手紙を添えると良いでしょう。

プレゼントを届ける場合は、保証のある配送方法を選びましょう。

連名でプレゼントする

お祝い品やお返しをどうしてもしなければならない場面になった際、一人で渡したくない方は連名(2〜3人)でプレゼントしましょう

そうすることで、自分だけではないということを強調することができ、相手にプレゼントすることによって好意を持たれてしまう可能性も低いです。

お祝い品などの場合は、熨斗紙にも連名で記載するようにしましょう。

熨斗(のし)の書き方やマナー、水引の種類と意味について。内熨斗と外熨斗の違いや水引きの使い分けを一覧でご紹介。
今更聞けない「熨斗(のし)」のこと。なんとなく知っていても贈り物をする際、水引の種類や書き方、マナーが分からないと困る場面が出てきます。今日は、そんな熨斗(のし)について解説していきます。

人づてに渡してもらう

一番原始的で、シンプルな方法です。

直接自分でプレゼントを渡したくない場合は、人づてに贈ることがおすすめです。

とはいえ、露骨にやってしまうと相手に気づかれてしまうため、納得できる理由を作りましょう。例えば、「お祝いの日程が合わない」や「仕事の出張で直接渡すことができない」他にも、 「体調が悪くて先に帰るため、直接渡すことができない」など。

代わりに渡してくれる代理の方の負担が大きいため、お願いをした場合はお礼を忘れないようにしましょう。

手紙を添え、贈り物を置いて帰る

プレゼントを、直接手渡しをしたくない場合は、お相手の自宅や職場のデスク、ロッカーなどへプレゼントを置いて帰るのもおすすめです。

ただ、プレゼントをそのまま置いていくことはあまり好ましいことではないため、手紙を添え、一言お祝いメッセージとお詫びを添えると良いでしょう。

手紙には「渡すタイミング」が合わなかったなど、理由をつけるとよりリアリティが出るかと思います。

帰り際にさっと渡す

苦手な相手や嫌いな相手へのお返しやお祝い品などを渡す際、相手とあまり会話をしたくない場合は、帰り際にそっと渡すと良いです。

帰り際に渡すことで、プレゼントに関する話題を最小限に減らすことができ、また帰り際に渡すことで、負担にならないように最後まで持っていてくれたのかな?と相手にとっても好印象が残ります。

立ち話などを避けたい方は帰り際に渡すのがベストです。

苦手な方な場合でも、せっかくプレゼントをするのであれば、相手を不快な気持ちにさせないよう、最低限の配慮は行うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました