「スポンサーリンク」

御祝品の予算相場を各シーンごとにご紹介。年代・関係性別に解説。お札の向きや熨斗のマナーにも注意。

今日は、お中元やお歳暮、内祝い、出産祝い、結婚祝い、入学祝いなど。

御祝品の一般的な予算相場についてご紹介していきます!またお祝い事によっては、贈る相手の年齢や立場などによって金額の相場も変わってくるので、そういった部分の注意点についても解説していきます!

誕生日やクリスマス、父の日、母の日などのプレゼントに関する相場については以下の記事を参考にしてください!

年代別に各ギフトシーンのプレゼント金額の相場をご紹介!誕生日や記念日、クリスマスなど。
ギフト選びの際に重要になってくる、贈り物の「予算」。贈り物は気持ちが一番大切。とはいえ、相手に「安いプレゼント」と思われるのは嫌ですよね。 逆に高価なものだと相手に重く感じられたり、気を遣わせるかもしれません。そこで今日は、一体どのくらいに金額が良いのか分からない方のために、各ギフトシーン別に世間一般の予算相場をご紹介していきます!是非、参考にしてくだされば幸いです。

ご祝儀袋について

ご祝儀袋には、まず表書きと言われるお祝い事の名目と送り主(自分)の名前を書きます。

結婚の場合は「御結婚御祝」や「寿」などの名目を記載します。

御祝儀袋のマナーや注意点、書き方については以下の記事を参考してみてください!

御祝儀袋・中袋の書き方の注意点とは?水引や表書きの書き方、マナーについてもご紹介。
結婚祝いなど、お祝いごとの際に贈る御祝儀袋。今日はその御祝儀袋と中袋の種類や書き方、そしてマナーと注意点について今日は解説していきます。知らなければ、礼儀のない人、失礼な人と思われてしまうかもしれないため、そうならないためにもしっかり知っておきましょう!

お札について

御祝品とは別に御祝儀を贈る場合や、御祝品の代わりにお金を包む場合は「新札」を用意しましょう。

基本的に新札であることは、お祝い事ととしてマナーであり、お祝いのために用意しておいたという相手への気遣いや礼儀でもあるので忘れないようにしておきましょう。

新札は銀行の窓口で用意することができます。

香典やお見舞いの場合は、新札を用意することは逆に失礼になるので注意が必要です。しっかりと覚えておきましょう!

お札の向きにも注意

お札の状態だけではなく、お札の向きにも注意が必要です。

お札は、ご祝儀袋の表に肖像画(顔)がくるように入れます。(顔が下向きではなく上向きになるようにします)

熨斗・水引について

御祝品を贈る場合は、熨斗を忘れないようにしましょう。

熨斗とは、世間一般的に贈り物を包む「熨斗紙」のことを指します。

またお祝い事によって水引の色や種類、本数も変わるので注意が必要です。例えば何度繰り返してもめでたい出産祝いは「蝶結び」。逆に結婚祝いなどは、再度繰り返さないでほしいお祝い事なので「結び切り」を使用します。

熨斗や水引の詳しい情報に関しては、以下の記事を参考にしてください。

熨斗(のし)の書き方やマナー、水引の種類と意味について。内熨斗と外熨斗の違いや水引きの使い分けを一覧でご紹介。
今更聞けない「熨斗(のし)」のこと。なんとなく知っていても贈り物をする際、水引の種類や書き方、マナーが分からないと困る場面が出てきます。今日は、そんな熨斗(のし)について解説していきます。

御祝品の予算相場一覧

内祝いの予算相場

内祝いの予算相場は、頂いた贈り物(もしくは現金)の金額の三分の一から半額ほどと言われています。

贈り物の金額が予測できない場合は、2000〜3000円前後が良いです。貰った金額より高いものを贈るのは、失礼になるので気をつけましょう。

内祝いとは?熨斗の書き方や贈るタイミング(時期)について解説。おすすめの贈り物もご紹介します!
「内祝い」という言葉。聞いてあまりピンとこない方は多いかもしれません。今日はそんな内祝いについての解説と内祝いにぴったりのギフトをご紹介していきます。内祝いとは、おめでたいことがあった人自身が、喜びのお裾分けといった意味で自主的に身内に贈り物をする風習です。しかし最近では、自主的に贈るのではなく御祝品をいただいた際のお返しという意味に変化してきています。

お中元・お歳暮の予算相場

お中元もお歳暮も一般的な予算相場の金額は同じで、3000〜10000円前後と言われています。

家族や親戚、友人、知人へは3000〜5000円前後。お世話になっている上司や取引先へは5000〜10000円前後が良いでしょう。

お中元やお歳暮では、食品の詰め合わせやタオルギフトなど消耗品が人気です。

お中元・お歳暮の違いは?贈る時期や、熨斗・水引きのマナー、予算の相場について解説!
「お中元」「お歳暮」の違いや、贈り物の金額相場、熨斗や水引きのマナー、それぞれの贈るタイミングなどのギフトマナーについて解説していきます。
お歳暮をする時期はいつまで?上司に贈るおすすめの人気お歳暮ギフトを紹介。
今日は上司や同僚、取引先の方に贈る「お歳暮」について解説・ご紹介していきます!「そもそも、お歳暮をする時期っていつだっけ??」という方や「何を贈ればいいのか分からない」という方は是非、参考にしてくだされば幸いです。

出産祝いの予算相場

出産祝いの予算相場は、3000〜10000円前後です。

相手との関係性によって金額の相場は少し変わってきます。友人、知人への出産祝いは3000〜5000円前後。親戚や上司へは5000〜10000円前後です。

しかし兄弟姉妹への場合は、10000〜50000円などの場合が多いです。お財布事情にも変わってくるので無理のない範囲で贈りましょう。

出産祝いタブー(贈ってはダメ)な贈り物とお祝いメッセージの注意点をご紹介!その他、出産祝いの予算のお金やマナーも解説。
今日は、出産祝いに縁起の悪いタブーな贈り物と、お祝いメッセージを贈る際の注意点についてご紹介していきます。どちらも間違えてしまうと、相手に対して失礼になるだけではなく常識のない人だと思われてしまうかもしれません。しっかりと事前に知...
出産祝いにぴったりなおすすめのプレゼントをご紹介!熨斗や予算相場や贈る際の注意点ついても解説します!
赤ちゃんの誕生をお祝いして贈り物をするのが出産祝いです。「何を贈ろう」「どんな物なら喜んでもらえるかな」と悩む方は多いと思います。今日は、そんな出産祝いをする際にの注意したい点や、おすすめの贈り物をご紹介させていただきます。是非、参考にしていただければ幸いです。

結婚祝いの予算相場

結婚祝いの一般的な相場は3000〜10000円前後、親しい関係の場合は10000〜30000円前後と言われています。

御祝儀の他にプレゼントをおくる場合は3000〜5000円前後がバランス的にも良いでしょう。

同僚や上司、友人の場合は〜30000円前後がおすすめです。また出産祝い同様、兄弟や親族の場合は10000〜50000円と相場も少し上がります。

結婚祝いに喜んでもらえるおすすめのプレゼントとは?また相場や熨斗(のし)などのタブーな贈り物など注意点についても解説します!
どんな贈り物なら喜んでもらえるか。なるべく他の人とかぶらないように。そんなことを考えると何が良いのか分からなくなってしまいます。そこで今日は、結婚祝いにおすすめのギフトをご紹介します。是非参考にしていただけたら幸いです。

引越し祝いの予算相場

引っ越し祝いの一般的な予算相場は、3000〜10000円前後です。会社の同僚や上司の場合は、この予算に合わせて贈り物を選ぶと良いでしょう。

また親しい友人や家族の場合は10000〜50000円前後と言われています。これは新築祝いや転居祝いも同じです。ただし、引っ越し関連の御祝品に「火を連想するもの」はタブーとされているため気をつけましょう。

引越し・新築祝いの熨斗(のし)の正しい書き方や水引きのマナーについて解説。書き方のテンプレートもご紹介!
今日は、引っ越し祝いや新築祝いの際の熨斗の書き方や水引きのマナーについて解説します。転勤や入学、就職など引越しの理由で熨斗の書き方が変わる場合もあるためその違いについても書き方のテンプレート画像を使用して丁寧に解説していきます!また、引越し祝いの相場や縁起の悪いタブーな贈り物についても紹介するのぜひ参考にしてください!
引越し・転居祝いにぴったりなギフトとは?熨斗や相場、御祝儀や贈る時期についても解説します!
親しい友人や家族が自宅を新築・引っ越しをする時、あるいは知人の会社が事業拡大で転居する場合は、お祝いの気持ちを込めて「転居祝い」「引越し祝い(新築祝い)」をするのが一般的です。今日は、そんな「転居祝い」「引越し祝い(新築祝い)」をする際の熨斗や祝議のマナー、時期や注意点、そしてギフト選びの手助けとしておすすめの贈り物やショップをご紹介します。

還暦祝いの予算相場

還暦祝いの予算相場は5000〜10000円前後です。

祖父や祖母、お世話になった上司や恩師の場合は、20000円前後という方も多いです。

また、贈り手が学生の場合は2,3000円前後でも、もちろん大丈夫です。金額よりも想いが贈り物に一番必要なものです。

還暦祝いにおすすめなプレゼントとは?男性・女性別でご紹介!熨斗や予算相場についても解説!
60歳をお祝いする「還暦祝い」。今日はそんな還暦祝いの贈り物にぴったりなものを男女別でご紹介いたします。還暦祝いとは、60歳を迎えた長寿のお祝いの一つです。中国で発祥されたと言われており、日本では奈良時代から伝わる行事です。本来の還暦は、数え年で61歳になった時でしたが最近では満60歳になるお誕生日でお祝いすることが多いです。また近年、平均寿命が伸びたことにより長寿のお祝いというよりかは、人生の節目としてのお祝いになっています。

入学祝い・卒業祝いの予算相場

一般的に入学祝いや卒業祝いの予算相場は5000〜10000円前後と言われています。

しかし大学生へのお祝いは10000〜30000円の場合が多いです。

入学や卒業の後は、新生活が始まるため何かとお金がかかります。贈り物をする際は実用的なものがおすすめです。

成人祝いの予算相場

親からの成人祝いの予算相場は10000〜50000円前後です。

祖父祖母、親戚から贈る場合は10000〜30000円が多いです。

お祝いの気持ちを込めて

今日は、各お祝いシーンに合わせて、一般的な予算相場についてご紹介しました。

予算相場は贈る相手との関係性や、年齢によって変わってきます。しかし自分の経済的な状況もあるため無理に予算相場に合わせる必要もありません。

金額面ももちろん大切ですが、贈り物は金額よりも想いが一番大切です。

ぜひ、心からお祝いする気持ちを込めて贈っておくださいね!

当サイトでは贈り物に関するマナーやおすすめのプレゼントをご紹介しています!ぜひ、ギフト選びの際は参考にしてください!

ギフトマナー 特集
ギフトマナー項目一覧ここでは、ギフトマナーに関する記事をまとめています。ギフトシーンによってマナーや相応しい贈り物は変わってきます。しっかりとギフトに関する正しい知識をしっかりと覚えていきましょう!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました