「スポンサーリンク」
「スポンサーリンク」
「スポンサーリンク」

誕生日前祝い後祝いのメリットとデメリットとは?贈るタイミングやマナーについてもご紹介。

誕生日を当日にお祝いできない場合は、前倒しで「前祝い」をするか、もしくは後日にお祝いする「後祝い」になると思います。

今日はそんな前祝いと後祝いのそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

前祝いのメリット

前祝いのメリットは、大前提として誕生日当日に会うことができなくても事前にお祝いできることです。

誕生日より前にお祝いするため、誰よりも早くにお祝いすることができます。

そのため他の人のプレゼントやお祝いの仕方で比べられることもありません。

また、誕生日よりも前に予定を組むことで「日付を忘れずに覚えてくれていた」「事前に準備してくれていた」と相手にとっても好印象を残すことができます。

誕生日前祝いのおすすめシチュエーションをご紹介!サプライズ演出をして喜んでもらおう!
誕生日の当日にお祝いができない場合、前祝いを検討される方は多いと思います。彼氏・彼女・友人など大切な方のお祝いはしたいですよね。実は前祝いはあまり良くないといった考え方があるのも事実ですが、スケジュールの都合上仕方ないこと...

前祝いのデメリット

デメリットは、誕生日の前祝いは縁起が悪いと言われている点です。

その理由は、日本では昔から弔事(葬儀など)は繰り上げても慶事(お祝いごと)は繰り上げては縁起が悪くいけないからだと言われています。

つまり、誕生日を含むお祝いごとを前倒しに行うと縁起面でよくないため、縁起を気にされる方や風習を大切にされる方には前祝いではなく後祝いの方が良いでしょう。

誕生日の前祝いはダメ?後祝いとどっちが良い?当日会えない時の対処法と誕生日のメッセージの文例をご紹介
誕生日より前にお祝いすることは、基本的に縁起が良くないためタブーとされています。では当日会えない場合は、後祝いの方が良い?当日会えない場合の対処法と誕生日のメッセージをご紹介していきます!

後祝いメリット

後祝いのメリットは、前祝いと同様に忙しくて当日にお祝いできなかった場合でも、後祝いの場を設けることで、後日お祝いできることです。

またお祝いを後回しにすることに関しては、縁起が悪いわけではありませんので、前祝いでの不安要素である縁起面に関して、気にする必要のないこともメリットです。

また既に自分より先にお祝いしている方が、いればプレゼントに何を贈ったのか知ることができるためプレゼントが被るといったことも避けることができます。

後祝いデメリット

後祝いの1番のデメリットは「誕生日を忘れていた」と思われてしまうことです。

他にも「後回しにされてしまった」と相手にとっての印象が良くない可能性があります。

また日が経ちすぎると、誕生日のお祝いムードもおわって、薄れてしまうかもしれないので遅くなりすぎないように気をつけましょう。

前祝い・後祝いタイミング

前祝いも後祝いも1週間〜10日前後目安が良いでしょう。

(例)1月10日が誕生日の場合は、前祝いなら1月1〜3日前後。後祝いなら1月17〜20日前後ごろまで。

早すぎると、お祝いされる本人自身がまた誕生日の気分ではなかったり、遅すぎても祝福のムードが過ぎ、気持ちも薄れてしまいます。

早すぎず、遅すぎずのちょうど良い期間の中で予定を組みましょう。

早くなってしまったり、遅くなってしまう場合でも2週間程度にしておくと良いでしょう。

誕生日プレゼントの予算相場

誕生日プレゼントの予算相場は、年齢層や贈る相手によっても変わりますが10000円〜20000円前後と言われています。

中高生の場合は、2000〜5000円前後。

大学生の場合5000〜10000円前後。

ある程度収入に余裕ができた30〜40代の方は、20000〜30000円前後が多いです。

年代別に各ギフトシーンのプレゼント金額の相場をご紹介!誕生日や記念日、クリスマスなど。
ギフト選びの際に重要になってくる、贈り物の「予算」。贈り物は気持ちが一番大切。とはいえ、相手に「安いプレゼント」と思われるのは嫌ですよね。 逆に高価なものだと相手に重く感じられたり、気を遣わせるかもしれません。そこで今日は、一体どのくらいに金額が良いのか分からない方のために、各ギフトシーン別に世間一般の予算相場をご紹介していきます!是非、参考にしてくだされば幸いです。

縁起の悪い贈り物にも注意

お祝いするときに、気をつけることはタイミングや予算の相場だけではありません。

タブーなプレゼント。いわゆる、縁起の悪い贈り物にも気をつけましょう。

例えば、髪の毛を整えることに使う櫛。

櫛は9と4の語呂合わせから苦と死を連想させるため縁起の悪い贈り物とされています。

他にも、包丁やハンカチなども避けた方が良いと言われています。

縁起の悪い贈り物や物に込められた意味合いについては以下の記事を参考にしてください。

贈ってはいけない!縁起の悪いタブーな贈り物をシーンごとにご紹介。縁起の悪い贈り物全集。
今日は、贈り物をする際にタブーな縁起の悪い贈り物について解説します。せっかくの心のこもったプレゼントも一つ間違えれば台無しになってしまいます。そんな恐ろしいことにならないためにも事前に知っておきましょう!

まとめ

今日は、それぞれ前祝いと後祝いのメリット・デメリットについて解説しました。

前祝い・後祝いをする際は、1週間〜10日前後。ずれてしまっても2週間前後がおすすめ。

遅すぎず、早すぎず適度なタイミングですることが大切です。

誕生日当日にお祝いできない。と言う方は何もしないのではなく、ぜひ前祝いか後祝いでお祝いしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました