GONTRAN CHERRIER TOKYO | ゴントラン シェリエ 東京

CONCEPT

アルティザン ブーランジェ ゴントラン シェリエ 東京は東京でしか食すことができない個性的な”Tokyoのパン”とパリ本店で展開している”Parisのパン”、そしてパンから始まる食の提案をお届けします。
。

ABOUT Gontran Cherrier

1978年、伝統的な製法を代々伝えるパン・菓子職人(ブーランジェ・パティシエ)の4代目として生まれる。
21歳より、アルページュやルカ・カールトンなど三ツ星レストランで修行。その後、ロシア、ルーマニア、
モロッコ、香港、イタリアなど、さまざまな土地を旅し、フランスパンを伝える伝道師となる。
26歳で再びパリに戻り、レシピ本の出版や数多くのテレビ番組に出演、スターシェフの一人となる。
2010年、パリ18区モンマルトルにゴントラン・シェリエ・ブーランジェリーを開店し、話題をさらう。
「世界の流行の発信源」といわれるセレクトショップ「コレット」や、「エピスリー・ジェネラル」にパンを提供。
また、フランスのブーランジェリーを巡り優秀なパン職人を探す人気TV番組「LA MEILLEUR BOULANGERIE DE FRANCE」にて案内人を務め、ますます人気と知名度が上昇。
現在パリに4店舗、シンガポールに3店舗を展開し、日本をはじめ、世界中にパンの魅力と可能性を発信している。